2012年7月10日 (火)

■フーガ

フーガ


今日は悲しい報告。

実家に住んでいたフラットコーテッド・レトリバーのフーガが亡くなりました。

2001年12月生まれの10歳でした。

フーガは僕がアメリカに留学してから実家に来たので、

フーガにとって最初僕はたまに(帰国の度に)現れて、

数週間過ごしてどっかに行く人、みたいな感じだったかもしれません。

でも途中からは家族として認識してくれたかな、と勝手に感じています。

帰る度に嬉しそうにボールやロープのおもちゃを持って来てくれたフーガ。

もっと沢山遊んであげたかったなぁ。。

おととしの12月には骨肉腫になり、右前足を切断。

手術しても余命4ヶ月程度と言われていたそうですが、

術後痛みも無くなり元気になって診断された余命期間なんてとっくに過ぎてました。

昨年2月に帰国した時も、昨年末から年始にかけて帰国した時にも、

3本足で元気に迎えてくれました。

3本足とは思えないくらい元気で、散歩にも一緒に行きました。

でも数日前から実家の母親から元気が無くなってきたと経過報告が何度かあり、

いよいよかなと思っていましたが、今日亡くなったと連絡がありました。

次の帰国予定の9月にもまた会いたかったけど、

たくさんの痛みに耐えて、4ヶ月と言われた余命も1年以上乗り越えて

がんばって生き抜いたフーガに

「よく頑張ったね。お疲れさま。」と言ってあげたい。

性格もよくできる子というよりはちょっとおバカな雰囲気を出してたけど、

愛嬌があってホントにかわいかったです。




071012a

071012b

071012c_2
去年の2月。3本足でも元気に公園を歩くフーガ。
「早く行こーよ!」って言ってるのかな。
元気な姿で逆にみんなに元気をくれました。




071012d
公園で元気にはしゃいでます。(なぜか軍手・・・^^;)




071012e
ちょっとワイルドな一面も。ワイルドだr・・・(自重)




071012f
今年の1月。年末年始に帰った時にも散歩に行きました。




071012g_2

071012h_2

071012i_2
ボール遊びが大好きで散歩に行くと必ずボールで遊んでいたフーガ。




みんなに愛嬌を振りまいて、みんなに愛されたフーガ。

病気や痛みを乗り越えて本当によく頑張りました。

最期に息を引き取る時は穏やかだったそうです。

帰る度に会えるのが楽しみだったけどこれからは寂しくなるなぁ。

でもいつも元気にしっぽを振って迎えてくれたことはいつまでも忘れないよhappy02




071012j

フーガ、お疲れさま。

フーガ、ありがとう。















にほんブログ村 犬ブログ パグへにほんブログ村















| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

■悲しいできごと・・・

今日はちょっと悲しいことがありました。

奥さんのお姉さん夫婦が飼っていたロットワイラー2頭のうちの1頭が、

病気で亡くなりました。



101010a



今の奥さんと出会った頃、

Thanksgivingのディナーに初めて招待されて緊張しながら家におジャマした時、

ロットワイラーたちがおしりをプリプリしながら迎え入れてくれました。

あれからもう8年。

ついにこの日がやってきてしまいました。

やっぱり辛いものですね・・・。

ケントもできるだけ一緒に遊んで、できるだけ色んな所に連れてって、

色んな犬に会わせてあげたいと思います。

ロットワイラーのもう1頭のコはいたって健康ですが、

相方がいなくなってこれからちょっと寂しくなるのではないかと思うので、

これからはケントともっと遊ばせたいと思います。



話は変わりますが、

先日サンフランシスコにあるCalifornia Academy of Sciencesというところに行ってきました。



ここにはプラネタリウムがあったり、

熱帯雨林ルームがあったり、

水族館があったりして、色んな生き物がいます。



101010b

101010c

101010d

101010e



まぁとにかく色々いましたが、

なんといっても今回の目当てはこの・・・、



101010f

「アルビノ・ワニ」!!

アルビノで先天的にメラニンが欠乏している白ワニで、

かなり希少だそうです。

なかなか動かないので「あれって置物だよね?」って言ってる人が

意外にたくさん。ちゃんと生きておる。

一度ここの博物館では彼のために彼女(緑のワニ)を連れてきたそうですが、

ケンカしたあげく、彼女に指を噛みちぎられたため、

彼は指が一本ありません・・・。

そして彼はひとりがいいそうです。



101010g
なんだか楽しくなさそうにフラ〜っと浮いてたりするだけで、

ちょっとかわいそうな気も。

右前足の小指(?)がありません。



そして上の写真を疑似HDR加工したら・・・



101010h
恐ろしい形相に・・・。



ひさしぶりの博物館で、

色んな生物の写真が撮れてなかなか満足なところでした。

まだちゃんと見てないとこもあるのでまた機会があれば行きたいと思います。



そして最近ブログの更新をさぼりすぎなので

載せたいケントの写真もたまる一方。。



101010i
ドッグパーク行ったり、



101010j
365カレンダー用の写真を撮ったり、

相変わらず元気にしております。

さぁがんばってたまった写真を少しずつ載せていこう。。










にほんブログ村 犬ブログ パグへにほんブログ村








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

■お、泳げてる・・・

先日奥さんの実家に遊びに行ってきました。

けっこう暑かったのでプールでちょっと遊ぶ事に。

とはいえ何も用意してなかったのでケントも浅いステップのところで

パシャパシャと水遊びだけ。の、つもりが。。




061210a
彼は実家に住んでる「Rocco」。

めっちゃ泳いでます。

彼、なかなかハンサムなんですが、




061210b
水に飛び込む時の前足がかわいすぎ。




ケントはうちに来てから間もない頃にここで泳がせてみたら

予想通り沈みそうだったので、いつかの誕生日にライフベストを購入。

前にアップした動画はこんな感じです。

この日もライフベスト持ってくれば良かったな〜とちょっと後悔。

でもRoccoが泳いだり飛び込んだりしてるのを見て、

ちょっと泳ぎたそうにしてるケント。

ということでいつでもキャッチできる準備をして、

チャレンジさせてみました。




061210c
お、泳げとるやないかっ!

いつのまに・・・

ライフベスト付きの練習で泳げるようになったのだろうか・・・




でも顔が・・・




061210d
必死すぎ・・・




061210e




061210f
ちょっと慣れた?

いつの間にライフベスト無しで泳げるようになっててビックリしました。

これからも泳がせる時は一応ライフベスト着用させますが、

間違ってプールに落ちちゃっても自力で帰って来れることがわかって

ちょっと安心しました〜。

でも落ちてパニックになったら無理かも・・・。。










にほんブログ村 犬ブログ パグへにほんブログ村








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

■ケントの親戚2 Part 2

ご無沙汰しすぎておりますgawk
やっと時間を見つけた(無理矢理?)ので前回の続きを…。

前回紹介したカポーンとケントを並ばせて写真を撮ってみる。

101108a

こっちを向きなさい。



101108b

お、もうちょい。



101108c

happy01
笑顔。いい写真が撮れましたcamera
3枚並べて気づきましたが、全部同じ体勢shine



またまた別の感じで並んだ写真に挑戦。












101108d

coldsweats01

気を取り直して。







101108e

gawk・・・







101108f

お前らannoy






でも…




101108g

最後に笑顔をくれました〜wink
いやーデジカメで良かったcatface

実はカポーンの家にはもう1頭のロットワイラーがいます。
名前は「カルーア」。カルーアミルクのカルーア。
でも今回ケントとはあんまり仲良く遊んでくれなかったので
今度またチャレンジしますsign01






にほんブログ村 犬ブログ パグへにほんブログ村





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

■ケントの親戚2 Part 1

またまたケントの親戚を紹介しようと思います。

「ケントの親戚」は、「ケントの飼い主の家族、親戚のペットたち」ということで。
(前回からちょっと日があいてしまったのでまた言ってみました)

うちから車で5分ちょいの所に住んでるお義姉さんちのロットワイラー、「Capone」。
「Capone」という名前はアル・カポネのカポネと同じ。でも英語の発音は「カポーン」。
微妙に初対面ではないけど、一緒に遊ばせたのは初めてです。

お義姉さんちにおジャマした時の写真たち。

091208a

カポーン: なんだあのちっさいのは

ケント: なんだあのでっかいのは

小さな子供が2人いるんでおもちゃがわんさか。


カメラを持って、2匹の様子を観察。
ソファに座って、シャッターチャンスをうかがっていたら、
意外と近いところにシャッターチャンスが…。












091208b

急接近sign03

なんでここなんだ?



091208c

ファーストコンタクト。。

犬のファーストコンタクトってのはお尻の匂いやらをあーしたりこーしたりするのが
フツウではないのか。(一応この後やってましたがcoldsweats01)



ケントとカポーンを一緒に座らせて写真を撮ろうかなーなんて思ってたら、

何やら様子が…

091208d

と、とりあえず様子見ようか、ケント。
どこかがカユいんだろうか。



さ、そろそろ一緒に並んで写真でも…。












091208e



どうやらカポーンの魅力をまだ伝えきれていないようなので
(というか顔ほとんど見えてないし、魅力の伝え方を間違ってるので)
次回へ続きます。次回はちゃんと2匹並んだ写真をcamera






にほんブログ村 犬ブログ パグへにほんブログ村





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

■ケントの親戚1

7月、日本の実家に新しい家族が増えましたhappy01
ということでちょっとケントの親戚たちを
(正確にはケントの飼い主の親戚のペットたちですが)
ちょくちょく紹介してみようかななんて思ってます。

まずはフラットコーテッドのフーガ。

080408a

彼は僕がアメリカに来てから実家に来たんですが、
帰国の際にはいつもデカイ体で体当たりしながら迎えてくれますcoldsweats01
愛嬌があってめちゃくちゃかわいいですよ〜sign03
遊んでほしい時にはおもちゃを持って来て上目遣い。
断れない断れない。

そして、

7月に来たのは子猫のソラ。

080408b

やばいです。かわいすぎて。でも残念なことにまだ会った事はないのです。
あ〜早く会いたいな〜。。

080408c

080408d

080408e



フーガとソラは仲良くやってるの?
と聞いたらこんな写真を送ってくれました。

080408f

080408g

080408h

なんだかほのぼのしてしまいましたjapanesetea
どうやらソラはフーガが大好きで、
いつもフーガの側で寝ているらしいですconfident

早く新しい家族に会いたいなぁshine
いつかケントが日本に行ってみんなに会えたらいいのにねぇ。。



おまけ:

080408i

数年前フーガに僕の帽子をかぶせてみた時の写真。
なんだかフツーにしすぎぢゃないだろうか…。
フーガ: 似合ってるべ?



080408j
「Yo Bro..」



そして皆様が彼を忘れないように、、



080408k







にほんブログ村 犬ブログ パグへにほんブログ村





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

■ハマちゃん

うちに来たことある人は会ったことがあると思います。そう、ハマちゃんはうちにいたBetta Fishの「ハマちゃん」。昨日ついに亡くなりました。ということで今回はケントじゃなくてハマちゃんについて。
ハマちゃんとの出会いは2005年2月14日、今の奥さんがバレンタインデーに2匹のベタを買ってきてくれた時。2匹ってことで名前はもちろん(?)、「まっちゃん」、「ハマちゃん」。でもまっちゃんはわりと早めに死んでしまった。そこでもう1匹買ってきた。名前は「紳助くん」。彼もあまり長生きしなかった。その後はハマちゃんのみ。途中でエサを食べるのが下手になったハマちゃん。食いついているのになかなかキャッチできなくなった。ちっちゃいエサをさらにちっちゃくしてあげたら食べれるようになった。でもしばらくしたらそれをキャッチするのも下手になってきた。「エサ食べれなくなったら死んでしまうかな…」と思っていたけど、そんな心配をしていた頃からもうすでに1年以上経った。しかもハマちゃんがどうやってエサを食べていたのかを知ったのは(だいたい予想はついていたけど)今年に入ってから。ある日、パソコンのモニターの横にいるハマちゃんをパッと見たらなんと底に沈んでるエサを食べていた。なんか自分で飼っていたからそう思うだけかもしれないけど、彼にはとてもキャラクターがあったように思う。エサの入ってる入れ物で鉢をコンコンってすると嬉しそうに寄ってきた。何回も食いついてはミスしてエサが沈んでいくと急いで追いかけていく。その姿がかわいかった。指で鉢の周りをゆっくりなぞるとハマちゃんもそれを見ながらついてくる。水が汚れてくると死んだようにほぼ垂直になってプワ~と浮いて、こっちに訴えかけてくる。水を替えるとすごい元気になる。ハマちゃんはとても長く生きてくれた。引越しも一緒に2回した。魚をあんなにかわいいと思ったのはハマちゃんが初めてでした。観賞用の熱帯魚なんかを「きれい」とか「かわいい」とか思うことはあるけど、そういうのとは全く別の感じ。もっと犬とか猫のようなペットに近い感じ。ケントをかわいいと思うのと同じような感覚。そういえば一回ハマちゃんの顔をスケッチしたことがある。なんとなくその絵がケントに似ていて、ハマちゃんとケントって実は似てる?って思ったこともありました。それはともかく2005年のバレンタインからもう2年半近くが経った。ケントの大先輩。ほんとに長いこと一緒にいたので昨日はちょっと切なかった。魚が死んであんな気持ちになるのも初めてだったかな。ケントのしっぽも下がってた(わかってたのかは置いといて…)。なにがあってもしぶとく生きていたハマちゃん。途中から「こいつは死なないんじゃないか」と思わせてくれるくらいずっと元気だった。でもやっぱりいつかはこういう時がくるんだね。ちょっとしみじみ。しばらく新しいBettaは飼わないかな。いつも心を癒してくれたハマちゃん。感謝の気持ちでいっぱいです。今はうちの庭にいるハマちゃん、安らかに眠っていることを祈ります。ありがとう、ハマちゃん。

Hamachan_1Hamachan_2Hamachan_3Hamachan_4










| | コメント (0) | トラックバック (0)