« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月28日 (木)

■対決

うちの周りを散歩していたらこんなにたくましいアニキが。

082808a


といっても実はお向かいさんのフレンチブルドッグ。
何度か会った事はあるけどケントが会うのは初めて。

そして、

082808b

もうおひとかた参上。ケントは他人同士の挨拶を遠目に見て社会勉強(遅)。



そしてフレンチくん(名前をど忘れ。)がケントのもとに寄って来て、
遊びたくてしょうがないケント、

ですが、

ここはあえて「戦いを挑むケント」という方向で。




082808c




082808d




082808e

がんばれよ、ケント。






にほんブログ村 犬ブログ パグへにほんブログ村





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

■北京五輪

ついに北京五輪終わりましたね〜。
ということですいませんが今日は勝手ながら北京五輪に関する独り言catface

おととい夜中に仕事しながらテコンドーのオンライン生中継見てたんですが、
とうとう事件が起きましたね…。
キューバの選手が判定に抗議して審判の顔面にハイキックimpact
僕は空手をやっていますが、ちょっと気になったので何日かテコンドーの試合ちょくちょく見てました。

テコンドーは大きく分けてWTFとITFに分かれていますが、
オリンピックで採用されているのはWTFのほう。
ルールもスタイルもちょっと違うみたいです。
なんだかフルコンタクト武道空手をやっている僕としては
あまりにもスポーツチックな五輪のテコンドーを見てるとちょっと歯痒いのですが、
まぁスポーツとして見れば、なかなか面白い。
ただちょっとアメリカで流行りのスポーツ空手(完全にスポーツ化されて武道要素ほぼゼロ)を見ているようでちょっと悲しい感じもしたけど。。

しかしオリンピックのテコンドーの裁定がここまで不可解なものだとは知らなかった。
(今回だけ?)
連日納得いかない試合が多々あって、
ビデオのライブコメンタリーを読んでみても、みんな判定がおかしいと。
アメリカ人の選手が抗議しても不可解な対応。
(アメリカ人選手を応援してましたが、ひいき目なしにしてもひどい裁定だったと思うannoy)
最終日のキューバの選手は試合中に足を痛めて、
コーチやメディカルスタッフがチェックしている間に時間切れで失格。
ただ足が痛くて1分間立てなかったのであればそれはしょうがないと思うけど、
スタッフがチェックしている以上、彼はスタッフに任せていた。
そこで試合終了は納得がいかないと思う。
そもそもメディカルチェック中にカウントダウンしてるのが
個人的にはおかしいと思うのですが…。
ただ試合はどうであれ、審判にハイキックはどう考えてもまずい。
選手生命終わったなと思っていたら
後にWTFおよびオリンピックから永久追放のアナウンス。

レスリングの試合でもミスジャッジで決勝に行けず銅メダルに終わった選手が、
表彰式でメダルをマットにおいて去ったというのがあったけど、
これも試合後正式に抗議した段階でのビデオチェックは拒否され、
メダル剥奪後に明らかなミスジャッジが判明。
テコンドーの選手が永久追放になったのはしょうがないけど、
レスリングの選手もテコンドーの選手もオリンピック精神、
スポーツマンシップがないと言われた。
ミスジャッジを見直さない、正式な抗議があっても耳を貸さない審判どもに
オリンピック精神とかスポーツマンシップとか言わないでほしい。

ましてやキューバのテコンドー選手が負傷、失格になったのをうけて、
飛び回って喜んでいた試合相手のカザフスタンの選手にも
スポーツマンシップは欠片もない。
国旗を翻してリング内を駆け回る彼に浴びせられるブーイングもよくわかる。

テコンドーは将来オリンピックからの除外が検討されてて、
WTFとしては大会中に問題が起きないことを望んでいたらしいけど、
ここまでひどい審判の裁定、問題を修正せずに無視、
これではオリンピック競技として相応しくないと思う。
噂では選手は競技前の段階で、「試合後抗議しません」と書いた紙に
サインさせられたって話を聞きましたが本当なんでしょうか。(あくまで噂ですが)
審判の判定に従わなければいけないのはわかりますが、
「選手には何も言わせない」という姿勢はどうなんだろう。
誤審もひいきもやりたい放題になりそう。
国際的なスポーツになって競技人口も多いテコンドーとしてはとてももったいない。
一生懸命練習してきた選手がかわいそう。

WTFっていうのはWorld Taekwondo Federation (世界テコンドー連盟)の略。
全然関係ないけどアメリカでは一般的にWTFは、「What the f**k」の略。
連日の試合で「WTFsign03」と叫びたくなるような試合が目白押しでした。

どうあっても空手がオリンピック種目になるのはやめてほしいと思う今日この頃です。

ロンドン五輪では種目から外れる野球とソフトボールbaseball
ソフトボールの決勝もちょっと見ましたが感動でした!
野球はちょっと残念でしたが、
いつかまたオリンピックに復活することを祈ってその時には金取って欲しいですねhappy01






にほんブログ村 犬ブログ パグへにほんブログ村





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

■風呂

遂にオリンピックの体操競技が全部終了しましたー。
体操はどうも採点方式が変わってから
面白くなくなった気がします…。
いや、しかし中国の男子体操は強いなぁ。

今回は、開会式の花火はCGだの、歌を歌った少女は口パクだの、
色々競技以外でも話題が盛り沢山。
まぁ口パクは初めての事じゃないだろうから大した事ではないだろうけど、
実際に歌を歌った女の子が開会式に出れなかった理由がひどいな…。
そして今注目するのは中国の女子体操チームの年齢詐称疑惑でしょうか。
残りの競技もとにかく日本、アメリカがんばってほしいです。

ところでところで、金メダルの大きな期待がかかっていた、米国女子体操のショーン・ジョンソンが最終日の個人種目別の平均台でようやく金を獲得し、喜びに浸る中、

ケントは、




081808a_2

お湯に浸かっております。



ケントに「風呂入る?」って聞いたら、
お湯出す前から浴槽に飛び込んで、
お湯がたまるのを待ってます。
(あ、ちなみに浴槽は日本風じゃないんでだいぶ浅いです。)




081808b

まあ待ちなさいって。




081808c

銭湯のおっさんかspa



なら、いっそのこと、

081808c2

よし。




081808d

別にあなたを体の芯から暖めてあげることが目的ではないので
しっかり洗いますよ〜。




081808e

そして風呂上がりに乾かしてブラッシングしてみたら
ハゲんじゃねーかってくらい毛が…。

さてさてケントがハゲてる間に、
卓球の福原愛選手がトルコの選手に勝ったシーンを目撃。
その調子で頑張れ〜!!







にほんブログ村 犬ブログ パグへにほんブログ村





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

■ケントの親戚1

7月、日本の実家に新しい家族が増えましたhappy01
ということでちょっとケントの親戚たちを
(正確にはケントの飼い主の親戚のペットたちですが)
ちょくちょく紹介してみようかななんて思ってます。

まずはフラットコーテッドのフーガ。

080408a

彼は僕がアメリカに来てから実家に来たんですが、
帰国の際にはいつもデカイ体で体当たりしながら迎えてくれますcoldsweats01
愛嬌があってめちゃくちゃかわいいですよ〜sign03
遊んでほしい時にはおもちゃを持って来て上目遣い。
断れない断れない。

そして、

7月に来たのは子猫のソラ。

080408b

やばいです。かわいすぎて。でも残念なことにまだ会った事はないのです。
あ〜早く会いたいな〜。。

080408c

080408d

080408e



フーガとソラは仲良くやってるの?
と聞いたらこんな写真を送ってくれました。

080408f

080408g

080408h

なんだかほのぼのしてしまいましたjapanesetea
どうやらソラはフーガが大好きで、
いつもフーガの側で寝ているらしいですconfident

早く新しい家族に会いたいなぁshine
いつかケントが日本に行ってみんなに会えたらいいのにねぇ。。



おまけ:

080408i

数年前フーガに僕の帽子をかぶせてみた時の写真。
なんだかフツーにしすぎぢゃないだろうか…。
フーガ: 似合ってるべ?



080408j
「Yo Bro..」



そして皆様が彼を忘れないように、、



080408k







にほんブログ村 犬ブログ パグへにほんブログ村





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »